*感動のスペインワイン*

 

スペインワイン2,600本の評価が発表されました。オ・ヌワージュが輸入販売してるワインもリストアップされています。 特にガリシア地方の白ワインは高く評価されているようです。

私の印象は、James Sucklingのコメントにほぼ同感です。

1)ユニークなキャラクターを持つ高品質のスペインワインは、以前に比べてはるかに多くの人に飲まれるようになっています。

2)ガリシア地方は、一般に白ワインの生産に長けており、他のどのスペインの地域に比べてダントツ高品質のワインを生産しております。

3)リョーハのワインメーカーはテロワールに集中して(そして狭いゾーンの定義から離れて)とてもより生産をしています。

4)プリオラート多くのワインは非常に重く、味わうのにナイフとフォークが必要なくらいです。  しかし、私はまだCavaで売られていません。多分もっと良い例を試す機会に恵まれていませんから。

I found several wines that I import on this list of 2,600(!) reviews of wines from Spain. I am curious what the reviews say, but not curious enough to pay the subscription fee! 

My impressions as a whole are rather similar to James Suckling’s comments:

1) quality Spanish wines with interesting character are far more widely distributed than at any point in the past;

2) Galicia is generally head and shoulders above all other Spanish regions for white wines;

3) Rioja makers (and to a lesser extent Ribera del Duero) get good results when they focus on terroir (and stray away from the narrow definitions of their zones) – and

4) too many Priorats still require a fork and knife to get through them! However I am not sold on Cava yet, maybe I have not had a chance to try some of the better examples.

 

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

カテゴリー: Wine Region 生産地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です