ポルトガルの国土は四国と九州を合わせたほどの小さな国にも関わらず、北部から南部まで、いろいろな見所があり非常に魅力的な国です。

Vinho Verde。直訳すると緑のワイン。でも決して緑色のワインというわけではなく、「早熟なワイン」という意味なのです。ポルトガル語で「Verde」は「緑」の他にも「若々しい、早熟な」という意味も持ち合わせているため、日本語でいうところの「青い」と意味が重なるのはとて興味深い。

aux nuagesはこのVinho Verdeからの3種類の素晴らしいワインを直輸入販売いたします。

Marcio Lopes – Pequenos Rebentos Alvarinho 2017

ポルトガルに於いて、このブドウ品種にとって最高とされる場所で丁寧に作られた伝統的なアルバリーニョです。 その新鮮さ、ミネラル、バランスの良さ、そして熟成させる事ができ、注目するに値する素晴らしいワインです。 新鮮で軽くトロピカルな香りがし、香りには柑橘系の要素があり、優れた酸味とミネラルを伴った清潔で活気のある味覚です。

Marcio Lopes – Pequenos Rebentos Edicão Limitada Loureiro Reserva Vinhas Velhas 2017

1,600本の限定生産。 1989年に植えられたぶどう畑から作られた、最も収穫の少ないぶどうの特別な選択。 天然酵母で発酵させ、使用済みのPuligny-Montrachet樽でバットナージを使用して熟成させています。 軽く花を思わせる新鮮な香り、単一品種ワイン独特の強い特徴を持つワインです。 92ポイントロバートパーカー

Marcio Lopes – Pequenos Rebentos Edicão Especial ‘Selvagem’ Vinho Verde Superior 2017

600本のみの限定生産品。1937年に植えられた系統 の古い白いブドウ畑から垂直に訓練されたブドウから作られます。「Selvagem」は「野生」を意味します。 垂直に伸びるブドウの収穫は、高い梯子に登って手積みされます。土着品種アザールのブドウからの単一の品種ワインです。ブドウは足で粉砕され、30日間アンフォラに保管され、その後樽に移されます。 酸化法で作られた独特のワインで、熟成にも適しています。

ご購入には画像をクリックしてください。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ


にほんブログ村

カテゴリー: Wine Region 生産地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です