ポルトガル・ドウロ地方「キンタ・ドゥ・ロメウ」

 

ポルトガルのオーガニックオリーブオイルの名家であるQuinta do Romeuは、スペインとの北の国境付近の田舎の地て有機ワインとコルクを生産しています。

オリーブの木々やコルクの森に囲まれたこの魅力的で素朴な土地は、1870年代の、業技術者Clemente Meneresによって今日のバイオダイナミックコンセプトの基礎が構築されました。 そして5世代を経た今も同じスタイルでワインを作っています。

ワインはドウロ地域として分類されていますが、実際はBurgundyに関してはChablisの位置に多少似ています。ワインは非常に独創的なスタイルで純粋な味を醸し出しています。 お求め安い価格であるに関わら素晴らしいオーガニックワインです。

バイオダイナミック認証を受けたこのワイナリーのワインはaux nuagesのeショップでお買い求めいただけます。(画像をクリックして下さい)

 

 

 

 

 

A household name for organic olive oil in Portugal, Quinta do Romeu also produces organic wines and cork in a wild and remote location near the northern border with Spain.

Surrounded by olive groves and cork forests, this charming and rustic estate was designed by industrial engineer Clemente Meneres in the 1870s as an ancestral version of today’s biodynamic concept.

It is still run the same way five generations later. The wines are classified as Douro, but the location is a satellite of the Douro Superior region (somewhat like Chablis’ position with respect to Burgundy). The wines convey nice pure flavors in a very artisanal style. A very good value organic production.

Currently this estate is going through biodynamic certification.

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です