8月1日はアルバリーニョの日。アルバリーニョに関わる楽しいストーリーをかじりながら、美味しいワインを如何ですか?


アルバリーニョにまつわる6つの楽しい事実

  1. ワインの日カレンダーでは、8月1日はアルバリーニョの日です。
  2. 世界最古のブドウの木はアルバリーニョで、樹齢300年に達します(ちなみに、世界最古のブドウの木は、樹齢400年以上です)。
  3. 産地別にラベルを貼る他の地域とは異なり、スペインのラベルでは「アルバリーニョ」書かれているのを目にすることがあります。
  4. スペインとポルトガルのワインメーカーは常にアルバリーニョのフレッシュさを大切にし、オークでの熟成を行わないのが通常でした。しかし、今日では、ブリオッシュのようなアロマを持つ、リッチな樽熟成のスタイルを造っている生産者を見かけるようになりました。
  5. 葡萄は小さく、皮が厚い。そのため、アルバリーニョの生産が難しいだけでなく、皮に含まれるフェノールから、生アーモンドや柑橘類の果皮のような独特の苦味が生じます。
  6. アルバリーニョのブドウ畑は、非常に異なった景観をしています。ブドウの木は、ブドウを乾燥させ、腐敗させないように守る為に、パーゴラを頭上に吊るしています。

アルバリーニョフードペアリング

  • 海の幸と親和性の高いアルバリーニョは、白身の魚や肉、葉の多い緑のハーブと非常によく合います。フィッシュタコスと一緒にどうぞ。
  • 肉料理と相性が良い。軽めの肉、魚、シーフードはアルバリーニョとよく合います。セビーチェ、シーフードリゾット、グリルした(または揚げた)フィッシュタコス、牡蠣、ムール貝、アサリなどと合わせてみてください。
  • チーズとの相性 ブッラータなどのソフトチーズや、マンチェゴ、ゴーダ、フェタなどのセミハードチーズは、これらのフレッシュで明るいワインと相性が良い。
  • 野菜との相性。アルバリーニョの草のような香りは、サルサ・ヴェルデのような新鮮な緑のハーブとよく合います。グリルしたパドロン(またはシシトウ)、グリルした野菜料理、カプレーゼ、シーザーサラダなど、スペインのタパスを試してみてください。

アルバリーニョのテイスティング

  • ネクタリン、ライム、グレープフルーツのアロマに、スイカズラや蜜蝋のほのかな香りが感じられます。
  • アルバリーニョのワインは重みのあるミッドパレットと口当たりの良い酸を持ち、塩味と時には微妙な苦味(グリーンアーモンドやシトラスの皮など)でフィニッシュを迎えます。
  • ほとんどのアルバリーニョは若くフレッシュな状態で飲まれますが、高い酸味とフェノール構造(葡萄の厚い果皮による)により、熟成に素晴らしい可能性を持っています。お試しあれ!

🍇アルバリーニョのワイン産地探訪🍇

アルバリーニョが広く栽培されている地域は、主に2つあります。スペインのリアス・バイシャスとポルトガルのヴィーニョ・ヴェルデ(アルバリーニョと呼ばれる)である。

🍇リアス・バイシャス州 Rías Baixas

フレーバー アプリコット、メロン、ピーチ、ハニーサックル、グレープフルーツ

リアス・バイシャスという名前はガリシア語で「下の川」を意味し、4つの主要な川(ムロス・イ・ノイア、アロウサ、ポンテベドラ、ビゴ)がある。リアス・バイシャス州は、5つのサブゾーンに分かれています。

  1. リベイラ・ド・ウラ Ribeira do Ulla: 最も新しく、最も北に位置するサブリージョン。内陸部に位置し、温暖な気候のため、より果実味豊かなワインが生産される。
  2. ヴァル・ド・サルネス Val do Salnés:スペインのワインメーカーは、この地域をアルバリーニョの発祥地とみなしている。海岸沿いの地域で、強烈なミネラルと塩気を持つワインが造られる。
  3. ソトマイオール Soutomaior: 河口に位置する5つの産地の中で最も小さな産地。塩分やミネラルを多く含むワインが期待できる。
  4. コンダード・ド・ティー  Condado do Tea:  ティー川にちなんで名づけられたこの地域は、最も内陸にあり、最も粘土質が多い。そのため、ワインはより大胆で果実味豊かなものとなります。
  5. オ・ロサル O Rosal:  海に面しており、ポルトガルとの国境を形成している。

地域ごとに独自のテロワールを持つが、どの地域も砂質、花崗岩質の土壌であることは共通している。

リアス・バイシャスは、コンセホ・レグラドール(Consejo Regulador)と呼ばれるワイン委員会によって管理されている。コンセホは、すべてのワイナリーとブドウ園が、許可された特定の品種、剪定とトレーニングの方法、ブドウの木の密度(エリアごとに植えられたブドウの木の数)、ブドウ園の収穫量を遵守するよう維持します。

また、リアス・バイシャスのすべてのワインを試飲する厳しいテイスティング委員会があり、品質が保証されています。コンセホのテストに合格したワインだけが、”リアス・バイシャス “のラベルを貼ることができるのです。

🍇ヴィーニョ・ヴェルデ Vinho Verde

フレーバー:ハニーデュー・メロン、ライム、レモン、ハニーサックル、グレープフルーツ

ほとんどのヴィーニョ・ヴェルデは、多少のスプリット(炭酸)があり、アルコール度数は8.5%~11.5%と低めで、明るく辛口のワインである。

人口の多いこの地域では、多くの地元の人々がブドウ畑を持ち、この地域のヴィーニョ・ヴェルデワイン用のブドウを栽培している。この地域には2万人近い生産者がいて、小さな区画を所有している。したがって、一般的にすべての異なるブドウ(ロウレイロ、アヴェッソ、アリントなど)が一緒に投入されるため、多くのワインの正確なブレンドは謎に包まれているのです。

この地域はとても涼しいので、ヴィーニョ・ヴェルデは風通しをよくするためにペルゴラの養成システムを使うのが一般的です。また、樹木の側面にブドウを植えているのもよく見かけます。

ヴィーニョ・ヴェルデDOCには全部で9つの小地区があるが、アルバリーニョはモンソン・メルガッソでよくやっている。スペインと国境を接するこの地域は、丘陵地帯のため豪雨が少なく、温暖な気候です。

🍇その他の地域

カリフォルニア州 サンルイスオビスポ海岸(サンタバーベラとモントレーの間)は、アルバリーニョの故郷と似たような気候である。この涼しい場所には沿岸の霧と海風があり、カリフォルニアの暑さを和らげてくれる。

ウルグアイ: アルバリーニョはウルグアイでは比較的新しい品種ですが、ウルグアイの気候はガリシア沿岸の気候と非常に似ており、人気のボデガス・ガルソンのようなワイナリーは、緻密でミネラル感のあるワインを造っています。

カテゴリー: Wine ワイン紹介

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。