新入荷ワイン5種類の販売を始めます。今回も希少価値の高い素晴らしいワインを入荷することができました。

マルシオ・ロペスは、国際的にも認められつつあるポルトガル北部の新進気鋭のワインメーカーです。マルシオは、ポルトガルのドウロ地方とヴィンホ・ヴェルデ地方でワインを造っていますが、スペインのリベイラ・サクラ地方でも彼に取って初となるプロジェクトを始めたばかりです。彼の技法は最先端の技術と伝統的な手法を組み合わせた革新的なアプローチで知られており、香りには新鮮さ、味わいには素晴らしいバランスがある複雑なワインで知られています。2020年、マルシオはポルトガルのトップワイン出版社Revista Vinhosから「Enologo Revelacão do Ano(新進気鋭の若手ワインメーカー)」賞を受賞しました。

Marcio Lopes is a top up and coming talent in Northern Portugal, increasingly recognized internationally. Marcio makes wines in Portugal’s Douro and Vinho Verde regions, and has just started his first project in Spain’s Ribeira Sacra region. Known for an innovative approach combining state of the art techniques with very traditional methods, he is known for complex wines with freshness on the nose and great balance on the palate. In 2020 Marcio received the “Enologo Revelacão do Ano” award (“top up and coming young winemaker”) from Revista Vinhos, the top wine publication in Portugal. 

購入ボタンをクリックすると購入ページが開きます。本数と必要事項を記入の上お申し込みください。


Ancestral 2020 (pet nat)
¥2,800

最新のpet natで、とてもスタイリッシュなものです。非常に特徴的なスタイルで、泡立ちが軽く、果実味と新鮮さに溢れ、リフレッシュ感が持続します。安定剤、ろ過、硫黄の添加は一切していません。ルーレイロ種の純粋な美味しさをお楽しみいただけます。日本の蒸し暑い夏にぴったりのワインです。

Our latest pet nat, and what a stylish one! A very distinctive style of pet nat, light on bubbles, full of fruit and freshness, long on refreshment. No stabilization, no filtration, no sulphur additions. Just the pure goodness of the Loureiro grape. Perfect for this season! 


ANEL Tinto Reserva 2019 (red)
¥3,000

トゥリガ・ナシオナルとトゥリガ・フランカのブレンドに、わずかに古木のブレンドを加えた、上質なドウロ・レゼルヴァ品質の赤です。ドウロの左岸に位置するこのブドウ畑は、夏の強烈な暑さから守られており、ゆっくりとしたバランスのとれた熟成により、より新鮮な味わいを楽しむことができます。2019年は特に繊細で香り高く、このワインメーカーの特徴であるフレッシュ感に満ちたワインに仕上がっています。非常にお買い得な1本です。

A fine Douro Reserva quality red, a blend of Touriga Nacional and Touriga Franca, together with a small percentage of old vines field blend. Located on the left bank of the Douro, the vines are protected from intense summer heat and enjoy greater freshness, with a slower and more balanced maturation. The 2019 is particularly fine and aromatic, with the signature freshness of this winemaker. A very good value.


Tinto Atlântico 2019 (red)  
¥3,400

2,000本以下の少量生産品、非常に特別な赤ワインのご紹介です。ポルトガルの白ブドウ「アルヴァリーニョ」の首都であるモンサン/メルガソ産です。この場所では、1930年代に遡る古いレガシーのブドウ畑で採れた3種類の土着ブドウ、カイニョ・ティント、ペドラル、アルヴァレルハオをブレンドした、非常に珍しい赤ワインです。このワインは、この地域の過去を深く掘り下げたものであると同時に、その未来をも表しています。色は非常に薄く、フルーティーで表現力豊かなこのワインは、軽く冷やしてお召し上がりください。

A very special red wine from Monção/Melgaço, the capital of the white Alvarinho grape in Portugal. It is a very rare red wine from this location, a blend of three local grapes — Cainho Tinto, Pedral, and Alvarelhão — from an old legacy vineyard dating back to the 1930s. This wine represents a deep look into the past of this region, but possibly also its future. Quite light in color, and very fruity and expressive, this wine is best served lightly chilled. Fewer than 2,000 bottles made. 


Pequenos Rebentos Loureiro Vinhas Velhas 2019 (white)¥4,800

古木の区画で収穫されたルーレイロのブドウを特別にセレクト。ピュリニー・モンラッシェの使用済み樽で熟成させることで、果実味と新鮮さを保ちつつ、ワインに深みと特徴を与えています。柑橘系が際立つ、香りと味わいのバランスが優れたワインです。この年は収穫量が非常に少なく、生産数は926本のみです。

A special selection of Loureiro grapes from an old vines parcel. The wine is aged in used Puligny-Montrachet barrels which adds depth and character to the wine while preserving fruit and freshness. A very pronounced citrus character accompanies an excellent balance on the nose and palate. This year was a VERY low yield — only 926 bottles made! 


Permitido Centenaria 2019 (white)
¥5,600

1896年に植樹された(現在125歳)古代のブドウシステムから15の地元ブドウ品種をブレンドしたミディアムボディのドウロの白です。素晴らしい柑橘系の香りと強烈なミネラル感が特徴です。ポルトガルのトップ白ワインの一つとして評価されています。生産本数はわずか1,200本。

A medium-bodied Douro white blend of 15 local grape varieties from an ancient vine system planted in 1896 (now 125 years old). Wonderful citrus on the nose accompanied by intense minerality. Rated consistently amongst the top white wines in Portugal. Only 1,200 bottles produced.

*表示価格は消費税を含んでいません
*メールでのお問合せ・ご注文も受け付けています。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です